| TOPニュース会社概要ご意見お問い合わせ近江毎夕購読お申し込み
 近江毎夕新聞の歴史
 昭和4 年、長浜市元浜町で堤弥平が創刊。県北部の地に言論、報道の風土育成を切望した堤の尽力で、
不偏不党の日刊戸別配達の新聞として産声をあげた。創刊時から公正中立、社会的弱者への視点、権力機
構への分析的、監視的姿勢など新聞報道の基本姿勢を貫き、社主、堤をはじめ、多くの記者が戦前、戦後
に健筆をふるった。
 堤弥平の弟、明(あきら)は朝日新聞記者を定年退職後、弥平の新聞発行事業を継承し、戦後の高度経
済成長期に市内新聞として発展を期した。
 近江毎夕新聞は創刊時から朝日新聞販売店と併営されていたが、平成元年、販売店の有限会社化に伴い、
堤明の長男、泰二が新聞発刊事業と販売店経営を継承。独自の地域新聞としてさらなる発展を期した。
 近江毎夕新聞は朝日新聞販売店と併営されているが、両メディアは厳格に分離され共に定期購読の有料
紙として戸別配達されている。地域情報が充実していることから朝日新聞の販売促進メディアとしての需
要が高まり、近江毎夕新聞の掲載済み情報をまとめた無料紙「近江毎夕新聞PR 版」が朝日新聞サービス
アンカー長浜扱いの朝日新聞朝刊に折り込まれ、知名度アップに貢献している。
 有料紙の戸別配達体制維持は販売員確保、集金体制など不断で膨大な労力を必要とするため、現在、地
方新聞の多くが新聞折込みチラシと同様の無料紙となっている。近江毎夕新聞が厳格に戸別配達制度を堅
持するのは、他ならない新聞としての信頼性、正確性、高度な公共性を担保する欠くことのできない販売
手法と確信するためである。伝統的な地域新聞の配達体制維持を条件とするため、市域外部への展開が遅
れているが、掲載情報は湖北二市二郡を網羅し、一般行政情報、警察情報など細かで迅速、正確な記事に
より、市内購読者に不動の信頼を築いている。
 現在は湖北二市二郡エリアでの販売拡張、県紙を目標とする紙面づくりに全社一丸で取り組んでいる。
 近江毎夕新聞社の概要
経営母体 有限会社朝日新聞サービスアンカー長浜
代  表 堤 泰二
所 在 地 滋賀県長浜市元浜町9- 6
発行形態 A3判 2 ページ日刊、オフセット印刷
休刊日 日曜、祝日、正月・盆の数日
発行地域 旧・長浜市内全域
発行部数 約 5000 部
社 員 数 新聞制作部6人(全体12人)
記  者 有村泰孝
E-mail info@ohmi-myyou.net
電  話 0749- 62- 0302
F A X 0749- 65- 2818
 記事制作の留意点
@ 正確、迅速、親切を旨とする。
A 社会性、経済性、事件性、トピックスの各テーマは記者の責任において書かれ、編集部が記者の意図を尊重し、掲載、修正の権限を持つ。
B 迅速は新聞の一義的使命だが、拙速を慎み、必要十分な取材活動を前提にスピードを競う。
C 親切は読者に対してのみならず、取材対象者に対する基本的態度でもあり、いつ、いかなる場合でも人々に尊敬の念をいだいて接する。記事はその態度を反映し、新聞はその態度の結晶となる。
D 人権感覚を磨き、個人の尊厳、プライバシー保護に最善を尽す。
E プライバシー保護は公共性、社会性に照らして検証する。特に権力に関わる個人情報を扱う場合、状況に応じ一定の譲歩を求められる。プライバシー保護と情報開示の問題は、一義に記者、次に編集部、最終に社が責任をもって判断する
F 刑事事件の容疑者、被害者など事件当事者の人権配慮は多角的に行い、特に情報提供機関の広報意図以外の使用、発表は慎重を期す。
G 刑事事件が優れて、公共的、社会的影響をもつものに限り、個人情報保護は一定の制約を受ける。制約の程度は公共的、社会的影響の程度により異なり、判断基準となる指標はない。記者個人の責任ある判断が優先されるが、社内合議、外部機関の意見聴取など、時々の基準指標策定に最大限の努力義務を課す。
H 万一、プライバシーに対する重大な侵犯、人権侵害があった場合、社全体で被害者の救済に全力を尽す。
記者個人の責任に帰したり、一般的な示談交渉に矮小化することなく、発生原因、救済手法を全社的に追求する。
I 匿名性、無名性の記事を極力排するが、記事の直接責任は編集長、全体責任は社長が負う。このため特別の特集記事、ルポルタージュなどを除き、記事への署名は行わない。
 日刊近江毎夕新聞綱領
1. 不偏不党の地に立って、言論の自由を貫き、民主社会の完成と世界平和の確立に寄与する。
1. 正義人道に基いて、市民の幸福に献身し、一切の不法と暴力を排して腐敗と闘う。
1. 真実を公正敏速に報道し、評論は進歩的精神を持す。
1. 常に寛容の心を忘れず、品位と責任を重んじ、清新にして重厚の風を尊ぶ。
 地域新聞としての使命
1. 地域に生活するあらゆる人々の幸福を願い、新聞発行事業でその実現を目指す。
1. あらゆる生活者の安定と尊厳、明日への活力醸成の一翼を新聞発行事業で担う。
1. いわれない差別迫害、偏見、暴力に曝される人々に対しては新聞発行事業の全力でこれら人々を守り、妥協なく不正と闘う。
1. 地域新聞が住民の「知る権利」にこたえ、公共的、文化的使命を果たすため、広く人々に読まれなければならない。新聞制作者、新聞広告営業者、配達者ら近江毎夕新聞に携わるすべての人々は購読者
獲得、経営基盤強化を全力で全うする責務を負う。
1. 新聞は読者の元に届けられてはじめてその役割を果たす。新聞が生活に密着し、不動の信頼を得るため、戸別配達制度を堅持する。新聞事業は配達をもって始まりとし、配達をもって終わる。
1. 常に時代の新しい要請を自覚し、自己変革への努力を継続する。社業発展が社会、環境の向上と一致することを目指す。