今日の出来事
 会社概要
 毎夕新聞
 朝日関連リンク集
・朝日新聞社
・朝日新聞出版局
・BOOKアサヒコム
・朝日新聞大学入試研究所
・こどもアサヒ
・朝日学生新聞社

・アサヒメイト(友の会)
・朝日エンディショップ
・朝日奨学会
・朝日サンツアーズ
・朝日広告社
・朝日オリコミ
・テレビ朝日
・朝日ニュースター
・BS朝日
・日刊スポーツ
・New York Times
・CNN
・日本新聞博物館
◆有限会社朝日新聞サービスアンカー長浜◆
代 表  堤 泰二
所 在 地 滋賀県長浜市元浜町9- 6
社 員 数 新聞制作部6人(全体12人)
電 話 0749- 62- 0302
E-mail info@ohmi-myyou.net
FAX 0749- 65- 2818
  ASA朝日新聞サービスアンカー長浜の歴史
長浜市大宮町のロウソク店「大阪屋」が前身。同店経営者の堤弥平(1896〜1990)が明治時代に旧・新愛知新聞と専売契約を結び新聞宅配事業を始め、のちに日刊郷土新聞「近江毎夕新聞」を創刊。戦前、戦中の言論統制をはねのけ近江毎夕新聞の発行を継続するとともに、戦後間もなく、朝日新聞専売店として再スタートした。
 堤弥平の弟、明=あきら=(1910〜2001)は朝日新聞記者を退職後、新聞販売店の経営を引き継ぎ、その長男で現在社長を務める、泰二とともに朝日新聞宅配事業を旧・長浜市全域に拡大した。
新聞販売店経営と、地域新聞発行事業の両輪で地域の情報需要に応えている。
 メディア環境が大きく様変わりするなか、市民にとって必要な情報を早く、正確に、わかりやすく伝えることが弊社の使命との信念で、24時間の活動体制を維持している。
  近江毎夕新聞の記事制作の留意点
@ 正確、迅速、親切を旨とする。
A 社会性、経済性、事件性、トピックスの各テーマは記者の責任において書かれ、編集部が記者の意図
を尊重し、掲載、修正の権限を持つ。
B 迅速は新聞の一義的使命だが、拙速を慎み、必要十分な取材活動を前提にスピードを競う。
C 親切は読者に対してのみならず、取材対象者に対する基本的態度でもあり、いつ、いかなる場合でも人々に尊敬の念をいだいて接する。記事はその態度を反映し、新聞はその態度の結晶となる。
D 人権感覚を磨き、個人の尊厳、プライバシー保護に最善を尽す。
E プライバシー保護は公共性、社会性に照らして検証する。特に権力に関わる個人情報を扱う場合、状況に応じ一定の譲歩を求められる。プライバシー保護と情報開示の問題は、一義に記者、次に編集部、最終に社が責任をもって判断する。
F 刑事事件の容疑者、被害者など事件当事者の人権配慮は多角的に行い、特に情報提供機関の広報意図
以外の使用、発表は慎重を期す。
G 刑事事件が優れて、公共的、社会的影響をもつものに限り、個人情報保護は一定の制約を受ける。制約の程度は公共的、社会的影響の程度により異なり、判断基準となる指標はない。記者個人の責任ある判断が優先されるが、社内合議、外部機関の意見聴取など、時々の基準指標策定に最大限の努力義務を課す。
H 万一、プライバシーに対する重大な侵犯、人権侵害があった場合、社全体で被害者の救済に全力を尽す。記者個人の責任に帰したり、一般的な示談交渉に矮小化することなく、発生原因、救済手法を全社的に追求する。
I 匿名性、無名性の記事を極力排するが、記事の直接責任は編集長、全体責任は社長が負う。このため特別の特集記事、ルポルタージュなどを除き、記事への署名は行わない。

インターネットからの朝日新聞、関連出版物、購読申し込みはこちらです
その他出版物はこちらをご覧のうえお申込みください